産後ダイエットとカロリー

妊娠・出産を終えた女性は、取り急ぎ、もとの体型に戻りたいと思っているようです。
赤ちゃんを産んだら体重は収まるものだとしていたら、まったく痩せない!という声は多く聞かれます。さらに、無理なダイエットは出産で疲れている母体の回復を遅らせたり、母乳への影響も心配になります。
そもそも、産後ダイエットはいつからするなのでしょうか。
実は、産後はダイエットのチャンスなのです。
産後すぐの産褥期から、産後6カ月ごろまでが痩せやすい時期だと言われています。
運動ができるようになるのは、悪露が落ち着いたころからです。早くても、産後2カ月3か月頃までは、体が回復していないので、筋トレは無理です。
産褥期の間は、足を取り回したり、肩を回すといった「体を慣らす」程度として、産後3か月〜6カ月の間に本格的に産後ダイエットを始めることをおすすめします。
今回は、産後ダイエット中のママの食事についてご紹介します。
産後のママの体は、出産からの回復と授乳に栄養が必要なため、誠にお腹がすき易い状態になっています。お腹が収まるままにたくさん食べてしまい、カロリーオーバーになっておるひとも少なくありません。
食事の量が適正か何とか、こういう確認が産後ダイエットの第一歩となります。
産後ダイエット中のママの適切な食事量として、一般的な30代の女性の基礎代謝(更に運動をしなくても体を維持するだけで消費浴びるカロリー)は1150kcal程だ。もう一度、母乳育児をしているお母さんは、毎日500〜700kcalを母乳として赤ちゃんに渡しています。そこへ、家事や運動などで消費したカロリー分が加算されて、毎日の消費カロリーとなります。
脂肪を減らすには、食事で取り去るカロリーが消費カロリーを下回る必要があります。
例えば、オリーブオイルをがっちり使用したパスタランチは、1食で1000kcal近くになることもあります。
また、和食であっても、とんかつなどの揚げ物が中心であれば高カロリーになってしまいます。
再度、朝食に菓子パンを食べたり、おやつにスナック菓子などを食べてしまえば、そんなに簡単にカロリーオーバーとなってしまう。
そのため、産後ダイエットを成功させるには、カロリーに気をつけて食事をすることです。艶つや習慣は楽天・Amazonより最安値で買えるってホント?

産後ダイエットとカロリー