短期の海外インターンシップの目的とファクター

アメリカなど企業で動く海外インターンシップには、長期のものが一般的ですが、中には短期のものもあります。短期の海外インターンシップに参加するのは、長期間、海外に滞在するのが耐え難い学生が多いです。春休みや夏休みにおいて短期インターンシップに参加すれば、学校を休学講じる必要もないからでしょう。

学生が海外インターンシップをする大きな理由には、「就職活動に役立つ」ということがあります。インターンシップに参加するには、面接を受ける必要があるので、就職活動の面接に慣れる機会にもなりますし、実に仕事に携わって仕事に対するモラルを養い、これからの自分のキャリアを考えられる良い時間になるのです。また、異国の地でインターンシップに参加して、目標をもちまして真剣に打ち込むため、「なんらかの成果を得る」という経験もできます。

ただ、短期インターンシップに参加するのは、学生だけではありません。アダルトも参加する人はたくさんいて、その目的は、「自分が海外就職に適しているか」「就職前に海外の環境を体験してみたい」 など、海外で就職するためのスタートダッシュをうまく下回るためのようです。

また、短期の海外インターンシップに参加する人の中には、「海外で動くこと」が目的ではない人もある。海外インターンシップによっては、毎日、英語の授業を無料で受けさせて頂けるものもあるので、英語の勉強をするためにインターンシップに参加する人もある。インターンシップで英語を少々身に付けて、アメリカなどの英語圏へ留学したり、ワーキングホリデーをしたり始める人も多いのです。

春休みや夏休みの期間に行われる海外インターンシップには、注意してほしいことがあるのでしばしば確認してください。

最近では、海外インターンシップが極めて人気になってあり、もう一度、この時期は申し込みする人が殺到します。休み前に興味のあるインターンシップを探していては、「申し込んだ時折、とっくに締め切られてしまった」「希望する日程には参加できない」など、出遅れて希望通りにはいかないことがよくあります。そのため、直ちにインターンシップ先を決めて、余裕をもって頼むことをおすすめします。目安としては、春休みシーズンに参加するなら11月頃、夏休みシーズンなら5月頃には決めて選考に臨みましょう。

また、こういうシーズンは日本から参加する人が多いので、出向く場所によっては日本人ばかりになってしまうこともあります。そうなると、日本語で越すことが多くなり、英語が身に付かないこともあります。ただ、日本人が周りに多くいたとしても、英語を積極的に使ったり、日本人になるたけ頼らなかったり、自分の意識次第で英語力は身に付くのです。引用

短期の海外インターンシップの目的とファクター