緑内障のレーザー治療

現在の医療では、緑内障を発症して失われた視野や視力は、更に元どおりになることはありません。緑内障は直せる病気ではなく長く付き合う病気といえます。そのため、緑内障は発症しないように予防することが大切です。

緑内障を発症すると、「どっちみち治らないのだから」と治療を放棄して仕舞うほうがいますが、治療をせずにいると視野がサクサク小さくなり、これから失明についてにもなりかねません。きちんと病院に通って定期検診をするとともに、ルーティンの改善を行ったり、漢方薬やサプリメントなどを活用すれば緑内障の進行を遅らせることが可能です。
また、緑内障の治療としては点眼薬や内服薬による治療がありますが、レーザーによる治療も行われています。

閉塞隅角緑内障では、目の器官です隅角における線維柱帯というフィルターに細い細胞のカスなどが止まり、房水の流れが悪くなってしまうことで眼圧が上がります。こういう房水の排出不良を解消するための手段のひとつが虹彩切開術だ。これは、虹彩に孔をあけて、房水の見て取れるバイパスを作成するというケアで、一際急性緑内障の解消や予防に役立っています。

レーザー治療のもう一案は、レーザー繊維柱帯形成術だ。これは強いレーザーを当てて、フィルターです線維柱帯の通りをよくする手法で、最近では、真新しい機械が開発され、線維柱帯の中に詰まった細胞のカスだけをレーザーで蒸発させるので、線維柱帯が壊れないので何度でも治療することができるようになりました。以前はレーザーによって線維柱帯が壊れてしまい、時間がたつと眼圧がまた上がって訪れるという欠点が解消されました。

レーザー治療がうまくいけば、緑内障の進行をおそらく完全に止めることができます。しかし、レーザーによる衝撃によって眼球内炎症が生じたり、出血する可能性があるなど、デメリットがでかいのもレーザー治療の特徴です。

「レーザーは手術よりも安心だから」と治療を受ける方も多いのですが、なかにはレーザー治療を受けたあとも、緑内障が至極回復しないに関してもあり、失敗もゼロではありません。
こうした失敗を避けるためには、症例数が多くて、今まで緑内障のレーザー治療を手広くこなしてきた病院や医師を自分自身で探し出すことです。http://www.mytriops.net/

緑内障のレーザー治療