緑内障の検査

緑内障は、眼圧が上向きで視神経に異常が起こり、視力や視野の障害が引き起こされる病気で、40歳以上の日本人の20人に1人は緑内障だ。
残念ながら、現下損なわれた視神経を回復する方法は確立されておらず、早期に発見し治療を開始する結果緑内障の進行を減じ、失明を回避できます。このことからも緑内障にならないこと、予防が大切だと言えます。

緑内障の早期発見のためには眼科での検診が必要ですが、緑内障を診断するための検査には、眼圧検査、眼底検査、隅角検査、視野検査、光干渉断層計(OCT)があります。

眼圧検査は眼球を外から押して、押し返す力を測ります。眼に機器を接触させることにより測定を行うゴールドマン圧平眼圧計、眼に圧縮した空気をあてることにより測定を行う空気眼圧計(圧平式)の2種類が通じることが多いです。
緑内障は眼圧が高まることが発症原因であるため、眼圧を測定する必要があるのですが、眼圧は角膜の「厚み」や「剛性」といった眼の構造によって影響されやすいので、眼圧の値だけで緑内障と判定されるわけではありません。

眼底検査は瞳から光を通して、目の奥(眼底)の状態を調べます。 眼底における視神経乳頭といわれる構造に異常があるかどうかを確認する結果、視神経の傷害度を知ることができます。

隅角検査は緑内障の種類を判断するために行います。こういう検査では、点眼麻酔をした上で専用のコンタクトレンズを眼に押し当てて隅角を見晴らします。隅角が開いているのか閉じているのかを確認してタイプを判定します。

視野検査は機械の前に座り、光の点が思えたらボタンを押して合図するなどの方法で、見える範囲や敏感さを調べます。

光干渉断層計(OCT)では、眼の中の網膜とよばれる部分の断面図を見ることができます。緑内障の早期診断などに有用です。

これら一般的な緑内障の検査や検診を通して、眼圧が良い、視野が欠ける、視神経に障害が出ているという結果が出た場合は、緑内障が疑われます。
しかし、まったくこの段階では、緑内障であるとは断定できないので、再び必要に応じて詳しい検査を行ない、果たして緑内障かどうかを調べます。

明るい検査では、視野が欠ける位置を細く確認したり、網膜の厚さや視神経の形などの検査を眼底の写真を撮って解析したりします。
これらの検査によって緑内障と診断されたら、その原因を見つけ出し、適切な治療方針を検討します。参照サイト

緑内障の検査